働き方改革を推進するRPAという技術

働き方改革の推進が叫ばれている中、どのような人員の使い方をするのかということは企業にとって死活問題だと言えます。
しかし、そのような考え方も人員が居なければ意味がありません。
今まで通り「正社員として定年まで働く」という考え方が終身雇用制度の崩壊とともに無くなってしまった現代日本にとって、その企業に死ぬまで忠誠を誓うという考え方を持つ労働者を雇うことは現実的ではありません。

そのため、RPAの活用が求められています。
RPAとはロボットやAIに人間の代わりの仕事をしてもらうというものになります。
ロボットが行う仕事のため、まず休みを作らなくても良いというメリットがあります。
次にうっかりミスなどが無いため仕事の精度が上がります。
そのため、人間はロボットには出来ない仕事に集中出来るのです。

FAST  RPAコボットは人材派遣会社の仕事にのみ特化しています。
予め3,000社以上の定例業務を分析しておくことによって、最速で即日導入を行う事が出来ます。
その企業の特色に合わせた業務ヒアリングや開発を行わなければいけないRPAが多い中、事前に開発が済まされているということは大きな武器となり歓迎されているのです。
これはコストダウンにもつながっています。


http://www.caroljonschultz.com/