中小企業の特許申請について

日本においては多くの製造業が有りまして、これらの会社においては新しい技術やサービスを開発しながらユーザーの方の満足や共感を生み出しながら販売を拡大させてきています。
そして各企業において開発した技術やノウハウは他社などが勝手に利用しないように法的に守る必要が出てきます。
今やこれらの技術は国内のみでなくて海外でも常に競争にさらされていまして、多くの企業がノウハウの蓄積に努めているのです。
そして大企業においては、多くの場合が自社にこれらのノウハウを特許申請として提出できるかなどを審査する専門の部署を構えていまして、既に提出された多くの特許の内容に抵触していないかや、或は新規性の有無などを検討してくれます。
その一方で中小企業においてはその様な人材の確保も難しいですので、外部の会社に相談しながら対応する事となるのです。
その場合においては、例えば至誠国際特許事務所に特許申請を依頼する事も一つの手段として挙げられます。

http://www.caroljonschultz.com/